加齢臭のニオイを抑える|専用の石鹸でケアをする

ニオイは大人のエチケット

婦人

30代後半くらいから発生すると言われている加齢臭は、皮脂腺から分泌する皮脂が酸化しノネナールという物質を生成することが原因で発生します。したがって加齢臭対策はノネナールを殺菌、消毒する方法になります。具体的に柿渋成分が配合されている石鹸で念入りに身体を洗浄することでニオイを除去することができます。

詳細

ミドル臭の対策なら

男女

中高年になると気になってくる加齢臭は、性別に関係なく誰でも関係していますが、女性よりも臭いに鈍感な傾向のある男性の方が強くなる傾向があります。また対策については石鹸がとくに有名で、他にもいろいろな商品が市販されています。

詳細

ニオイによる悩み

女性

40過ぎると増える悩み

加齢臭というと、40才を過ぎた頃から悩む人が多い症状です。加齢臭は、脂っぽい臭い、古いロウソク・古い本のような臭いと個人によって様々です。加齢臭のもともとの原因は、ノネナールという臭いを発する物質によるものです。人間には、脇や顔、手、首などに無数の毛穴があります。ノネナールは、皮脂腺にある脂肪酸が過酸化脂質によって酸化した物質です。個人差はありますが、ノネナールの元の脂肪酸の分泌は40過ぎ頃から増え始めます。そのため、40歳を過ぎた頃から加齢臭に悩む人が増える傾向にあるのです。加齢臭を発すると、仕事の同僚、友人、家族など周りの人に多大な迷惑をかけます。そのため、早急に臭いを抑える対策を行う必要が有ります。

効果がある対策

加齢臭の有効的な解消法として、やはり専用の石鹸で体をこまめに洗う事が大事です。特に朝に仕事に出かける前に、体を綺麗にしたほうが良いです。というのも、朝起きたばかりの体は、大量の汗をかいた状態だからです。そこに、皮脂や垢などが栄養として付着する事で、さらに臭いがきつくなります。したがって、出かける前に、シャワーで体と頭髪・頭皮などを清潔にする必要が有ります。その他の解消法としては、臭いやすい耳の後ろ、首、背中に汗をかいたら、こまめに拭く事です。例えば、ドラッグストアで売られているデオドラントシートで拭き取ると効果的です。その他にも、ノネナールを吸着する緑茶を軽くコットンに含ませて、拭き取っても良いです。